出産祝いのプレゼント・贈り物特集

出産祝いのマナー

出産祝いを贈る際には、特にその時期に気を付けましょう。一般的には、出産後7日から1カ月以内に贈るのがマナーとされています。 ただし、親戚など特に親しい場合は、お七夜のお祝い(出産から7日目の夜)までに贈った方がいい場合も。 友人・知人や会社の同僚などであれば、7日目以降、相手が落ち着いた頃を見計らって贈るのがいいでしょう。 出産後1か月以降になると、この頃が目安とされる出産内祝い(出産祝いに対するお礼)の時期を過ぎてしまうため、 先方に余計な手間をかけさせてしまう場合もありますからご注意を。タブーなのは、出産前にお祝いを贈ること。 出産の際に不幸が起こる可能性もないわけではありませんから、くれぐれも避けたいものです。また、品物をセットで贈る際には、 縁起を担いで、3個や5個など割れない数に。ただし、シューズなどのように一組、二組で数えるものや、 双子の赤ちゃんにペアでプレゼントする場合などは、この限りではありません。

出産祝いのプレゼント・贈り物におすすめの商品