出産祝いのプレゼント・贈り物特集

出産内祝い・お返しの時期や相場

いただいた出産祝いに対して贈るお返しの品物のことを「出産内祝い」といい、出産から1カ月程度の時期に贈るのが目安となります。 これは、初めて赤ちゃんを連れて神社にお参りする「お宮参り」が一般的にこの頃とされ、出産後の節目の時期にあたるため。 お宮参りのあと、なるべく早い時期に出産内祝いの品を贈るのが理想となります。 金額的には、出産祝いでいただいた品物の1/3から半額程度が相場とされていますが、これはあくまで目安ですから、 厳密に考える必要はありません。出産祝いをいただいた方全員に、同じ品物をお贈りしても構わないでしょう。 ただし、可能であれば、いただいた品物に応じて数段階に分けるなどするとより丁寧です。むしろ気を付けたいにのは、 出産内祝いが高価になりすぎないようにすること。特に目上の人に対しては失礼にあたりますので十分注意しましょう。 なお、出産内祝いには熨斗(のし)をつけて、赤ちゃんの名前で贈るのがマナーとなります。

出産内祝い・お返しにおすすめの商品