出産祝いのお返しランキング!内祝いのマナー&もらって嬉しいギフトを紹介


出産祝いのお返しとして内祝いを贈るなら、「本当に喜ばれるもの」を選びたいですよね。

初めて内祝いを贈る人は「どんなギフトが人気なの?」「気をつけるべきマナーは?」など、悩んでしまうことも多いでしょう。

そこで今回は、内祝いのマナーやお返しにもらって嬉しいギフトをご紹介します。



▶プレイマット ナチュー



出産内祝い・お返しとは?

「出産内祝い」は現在では「出産祝いのお返し」という意味で使われることが多い言葉です。

しかし本来は、お祝いをいただいたかどうかは関係なく「出産の幸せを分かち合うもの」「赤ちゃんが誕生したご報告やご挨拶、お披露目」という意味を込めて、近所にお赤飯などを配るのが内祝いでした。

そのため、お祝いをもらっていなくても、これからお世話になる人に向けて内祝いを贈っても問題ありません。

ただし、受け取る相手が負担を感じないように、高価すぎるものは避けるなど気配りが大事になります。

今まで協力してくれた人や、これからお世話になる人に向けて赤ちゃんを紹介し、感謝の気持ちを伝える大切な機会と考えて、心のこもった贈り物を選びましょう。



出産祝いのお返しを贈る時期はいつ?

出産祝いのお返しを贈る時期は、赤ちゃんが産まれてから1ヶ月頃を目安としましょう。

生後1ヶ月頃には、初めて赤ちゃんを連れて神社にお参りする「お宮参り」があり、産後の節目としてこの時期に贈るのが一般的です。

この時期に間に合わない場合には、遅くても産後2ヶ月以内に贈るようにしましょう。

また、喪中の人への出産内祝いは、相手の気持ちや状況、マナーを理解して贈ることが大切。

お返しをするのは、相手の状況が落ち着いてからでも問題はないので、まずは電話などでお悔みの気持ちや気遣いの言葉と一緒に、いただいたお祝いのお礼を伝えましょう。

その際に「四十九日が過ぎた頃にお礼の贈り物をします」と先に伝えておくとより丁寧です。

また、喪中の方への贈り物の表書きには「内祝」の文字を使わず「御礼」とするのがマナーなので、気をつけてくださいね。



出産祝いのお返しの金額相場はいくら?

出産祝いのお返しの金額相場は、いただいたお祝いの半額程度を目安にするのが一般的。

あまりにも厳密に金額にこだわりすぎると、内祝いの商品が選びにくくなってしまうので「おおよそ半額」と考えると良いでしょう。

ただし、両親や親戚、会社の社長など目上の人から高額な出産祝いをいただいた場合は、いただいた金額の3分の1程度でお返しをします。

目上の人に対して高額すぎる内祝いを贈るのは失礼にあたるので、注意しましょう。



連名・少額のお祝いにお返しをするなら?

友達や職場の人から連名で出産祝いをいただいた時は「いただいた出産祝いの金額の半分÷人数」を内祝いの目安金額として、一人ひとりにお返しします。

花束やちょっとしたプレゼントなど、少額のお祝いをいただいた場合は、500円~1000円程度の比較的気軽な品物をお返しすると良いでしょう。

直筆の手紙やメッセージカードを添えると、商品は少額でも感謝の気持ちがしっかりと伝わるのでおすすめです。



出産祝いのお返し「のし」のマナーは?

出産祝いのお返しをはじめて贈るときには「水引はどれを使うの?」「表書きや名前の書き方は?」など、「のし」について迷う方も多いでしょう。

ここでは、出産祝いのお返しをする際に気をつけたい「のし」のマナーについてご紹介します。



「のし」の水引はどれを使う?

水引の結び方には「蝶結び」「結び切り」などがありますが、それぞれ込められた意味が違います。

出産祝いのお返しに付ける「のし」には「蝶結び」の水引を使いましょう。

「蝶結び」は何度でも結び直せることから「何度あっても喜ばしいこと」をお祝いする時に使われる結び方です。

水引の色は、おめでたい出来事を表す「紅白」を選び、水引の数は奇数の5本を用意するのが一般的です。

また、あらかじめ水引が印刷されている「のし紙」を使っても問題はありませんよ。



表書きと名前の書き方は?

表書きには「内祝」または「出産内祝」、その下に「赤ちゃんの名前」を記入するのが一般的です。

本来、内祝いには「赤ちゃんが誕生した幸せをおすそ分けする」という意味があるので、出産祝いのお返しだからといって「お返し」と記入するのは相応しくないとされています。

赤ちゃんの名前は表書きの下に苗字を記載せず、名前だけを書きましょう

名前にはふりがなを付けて読み方を書いておくと、贈る相手に丁寧で親切な印象を与えられるのでおすすめです。



出産祝いのお返しは内のし?外のし?

包装した贈り物の外側にのし紙をつけることを「外のし」、贈り物に直接のし紙をかけて、その上から包装することを「内のし」と言います。

出産祝いのお返しの「のし」には、「内のし」を使用するのが一般的

基本的に「内のし」は、控えめに贈り物をしたい時に使うことが多い「のし」です。

内祝いは相手の慶事をお祝いするのではなく、自分の祝い事をお知らせするための贈り物なので、ギフトを贈る相手に控えめな印象を与える「内のし」を選ぶのが良いでしょう。

ただし、地域によってルールが違う場合もあるので、事前に確認しておくのがおすすめです。

cuna selectでは専用のギフトラッピングをご用意。

「のし掛け」の対応もしているので、ぜひご利用くださいね。



出産祝いのお返しにメッセージカードや手紙は必要?

出産祝いのお返しを贈る時は、メッセージカードや手紙を使って感謝の言葉を添えるのがおすすめです。

お礼の言葉と共に、赤ちゃんの名前と読み方、誕生日、性別などの紹介文を書いて、最後に「今後も末永くお付き合いくださいますよう、よろしくお願い致します。」といったこの先もお付き合いをお願いする言葉で締めくくると良いでしょう。

           

目上の人に贈る場合は「お礼状」を添えることで、より一層丁寧な印象を与えられます。

 

cuna selectでは、赤ちゃんの写真や名前をお披露目できるオリジナルデザインの「マイルストーンカード」を用意していますので、出産祝いのお返しに添えてみてはいかがでしょうか?



出産祝いのお返しランキング!内祝いでもらって嬉しいものTOP5

「出産祝いのお返しは何がいいの?」と悩んでいませんか?

最後に、内祝いでもらって嬉しいものランキングTOP5を紹介しますので、「本当に喜ばれるギフトが知りたい」という人は、ぜひ参考にしてくださいね。



【5位】フォトフレーム

両親や祖父母などの家族に贈るならフォトフレームがおすすめ。

可愛くて大切な孫の写真をお部屋に飾ったり、いつでも好きなだけ眺めたりできるので喜んでくれるでしょう。

特に名入れできるフォトフレームなどのメモリアルグッズは、特別感があって出産祝いのお返しとして最適です。

メモリアルフォトフレームは写真だけでなく、名前や誕生日、体重、手形・足形など赤ちゃんの記録が残せます

記念すべき赤ちゃんの誕生を形に残せる、とっておきの内祝いの贈り物になりますよ。



【4位】カタログギフト

「出産祝いのお返しを贈る相手の好みが分からない」「たくさん商品があって迷ってしまう」という人は、カタログギフトがおすすめです。

カタログギフトを贈れば、そこから自由に好きな内祝いを選んでもらえるので、どんな相手にも喜ばれます。

「好みの商品を自分で選びたい」と思っている人にも、楽しみながら決めてもらえますよ。

また、カタログギフトなら内祝いの相場金額に合わせて贈り分けられるので、贈る側にも受け取る側にもメリットがある贈り物といえるでしょう。



【3位】お米

日本人の主食のお米は、出産祝いのお返しとして多くの人に喜ばれる商品です。

1人暮らしでも大家族でも、相手の家族構成にかかわらず贈りやすいのが嬉しいポイント。

また「米」には末広がりで縁起の良い「八」という字が入っていることから、出産内祝いにぴったりの贈り物と言われています。

内祝いのお米には、メモリアルボックス付きの名入れギフトや、赤ちゃんの写真が入れられるお米ギフト、赤ちゃんが産まれた時の体重と同じ重さのお米ギフトなど、いろんな商品がありますよ。



【2位】タオル

出産祝いのお返し定番ギフトセットとして、とても人気の高いタオル。

毎日使うタオルは何枚あっても嬉しいので、どんな人にも喜ばれる内祝いです。

ふんわりと柔らかいタオルは、赤ちゃんの肌をイメージさせるとも言われています。

普段自分では買わないような高級でおしゃれなタオルを選んだり、タオルと他の商品が一緒になっているギフトセットを選んだりすると、特別感が演出できるのでおすすめです。

タオルと一口に言っても、デザインや品質などさまざまな商品があるので、金額相場に合わせて選ぶようにしましょう。



【1位】お菓子

出産祝いのお返しランキング第1位は、友達や会社の人など幅広い層に喜んでもらえるお菓子。

内祝いを贈る相手の年齢が若い場合は洋菓子、年代が高めの人には和菓子を選ぶなど、相手に合わせた品物を贈るのがおすすめです。

相手の好みが分からない場合は、好みが分かれる独特な商品を選ぶのではなく、誰もが知っている有名ブランドや、個包装されていて好きな味が選べるお菓子セットを選ぶといいでしょう。



出産祝いのお返しはマナーに注意して贈ろう!

出産祝いのお返しをする際は、内祝いのマナーを理解して、お礼の気持ちと「これからもよろしくお願いします」の気持ちを贈りましょう。

cuna selectで内祝いを選んで、本当に喜ばれるとっておきのギフトをお返ししませんか?